横濱ガスライトフェスティバル2020

YOKOHAMA GASLIGHT FESTIVAL

横浜ガスライトフェスティバル2009-2020

 ガス灯は明治5年(1872年)10月31日(旧暦では9月29日)に、横浜市の大江橋から馬車道、本町にかけてガス灯が点灯されました。これに由来し、日本ガス協会によって1972(昭和47)年に10月31日は「ガスの記念日」が制定されたされました。
 横浜ガスライトフェスティバル実行委員会は、ガス灯の魅力を多くの方々に知って頂く為、10月31日に馬車道・万国橋・山下公園エリアで色々なイベントを同時開催しています。
いよいよ2019年10月31日に、海岸通りにも整備が完成し「ガス灯プロームナード」が山下公園通り←→海岸通り←→万国橋通り←→馬車道通りのエリア内に全てで149基のガス灯が整備されました。是非この機会に、ガス灯の魅力をお楽しみください。
R1.10.25横浜市記者発表資料

 2020年ガスライトフェスティバル開催中止のお知らせ 

ガス灯の魅力PRイベント実行委員会では2020年も開催を目指し準備を進めてまいりましたが、参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果中止とさせて頂きます。 楽しみにしてくださっていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。 ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

馬車道エリア

BASHAMICHI AREA

万国橋エリア

BANKOKUBASHI AREA

海岸通エリア

KAIGANDORI AREA

山下公園エリア

YAMASHITA-PRAK AREA